印刷用ヘッダー

HOME > サービス指標の導入について

サービス指標の導入について

令和元年7月1日
日本郵政共済組合

 組合員及び被扶養者(組合員又は被扶養者であった方を含みます。)のみなさまに対して満足度の高いサービスを提供していくため、事務処理に要する日数を予め明確にした「サービス指標」を令和元年7月から導入します。

1 定義

 「サービス指標」とは、全ての共済サービスのうち、①資格の取得及び短期保険給付など組合員に便益をもたらすサービス、②申請件数が多いなど迅速に実施することが求められているサービスについて、組合員から請求書等を受理してからその便益がもたらされるまでの期間(以下「所要日数」という。)を必達目標として設定するものです。

2 サービス指標の実施項目及び所要日数

(1) 資格情報の取得等から組合員証等を本人に発送するまでの日数

サービス項目所要日数
1組合員証自宅以外あて発送採用の日から10営業日以内
2-1自宅あて発送(4月採用)採用の日から9営業日以内
2-2自宅あて発送(4月以外の採用)採用の日から7営業日以内
3被扶養者証4月の受付申告書の受付日から27営業日以内
44月以外の受付申告書の受付日から17営業日以内
5任意継続組合員証退職等の日または任意継続掛金の納付日のいずれか遅い日から9営業日以内
6任意継続被扶養者証
7資格喪失証明書
(組合員・任意継続組合員用)
3月末の退職等退職等の日から6営業日以内
83月末以外の退職等退職等の日から4営業日以内
9資格喪失証明書
(被扶養者用)
4月の受付申告書の受付日から27営業日以内
104月以外の受付申告書の受付日から17営業日以内

※ 営業日とは土曜・日曜・祝日・休日を除いた日をいいます。以下同じ。

(2)主な短期給付金の請求締切日から送金予定日までの所要日数

(所要日数は本共済組合のホームページにある送金スケジュールに準じたものです。)

サービス項目所要日数
11療養費・家族療養費請求書等の締切日から30営業日以内
12傷病手当金・附加金初回請求請求書等の締切日から40営業日以内
13傷病手当金・附加金2回目以降の請求請求書等の締切日から30営業日以内

※ 確認事項の多い請求や請求書類の不備等による返戻・照会等が生じた場合は、上記所要日数を超える場合があります。

(3) 貸付申込締切日から送金する日までの所要日数

(所要日数は本共済組合のホームページにある送金スケジュールに準じたものです。)

サービス項目所要日数
14貸付金申込締切日から28営業日

3 達成状況の公表

 サービス指標の年度(4月~3月)の達成状況については、翌年6月末までにホームページを通じて公表します。
 ただし、導入の初年度にあたる令和元年度は7月~3月の達成状況について公表する予定です。

Copyright © 日本郵政共済組合 All Rights Reserved.