印刷用ヘッダー

HOME > 手続ガイド > 年金について >遺族共済年金

手続ガイド

年金について 遺族共済年金

以下の手続は、平成27年9月30日までに組合員が亡くなった際の手続です。
平成27年10月1日以降に組合員が亡くなった際の手続については、共済組合コールセンターへお問い合わせください。

手続きの流れ

必要手続項目書類の提出が必要となる対象者いつまでに提出書類
遺族共済年金組合員であった方の「遺族」受給権発生後速やかに遺族共済年金決定請求書
死亡届の提出相続人速やかに死亡届
在職中に亡くなった場合は共済センターへ、退職後に亡くなった場合は国家公務員共済組合連合会(KKR)へ届出ください

※ 遺族共済年金を請求できる「遺族」とは、組合員であった方の死亡当時、その方によって「生計を維持されていた方」のことをいい、「生計を維持されていた方」とは、次の2つの要件を満たす方のことをいいます。
 ① 組合員であった方と生計を共にしていたこと(同居していたこと)
 ② 恒常的な年収が850万円未満であること

※ 年金受給者が亡くなった場合の手続はこちら

提出書類

提出書類添付書類
遺族共済年金決定請求書
年金受給に関する調査票
共済組合加入状況申立書
(請求者の状況により異なります)
 遺族共済年金請求に係る同順位者の同意書
 死亡診断書または死体検案書
 戸籍謄本または住民票及び除票
 請求者の所得証明書
 年金受給選択申出書
…etc.
死亡届 不要

※ 退職後に亡くなり、KKRに直接「死亡届」を提出する場合は、添付書類が必要となる場合があります。

※ 亡くなった組合員に共済組合員期間以外の公的年金の加入期間がひと月もない場合(単一者)で、遺族に18歳未満の子が含まれる場合は、遺族共済年金と併せて遺族基礎年金の請求を共済センターを通じて行うことになります。

※ 平成27年10月1日に被用者年金が一元化されることに伴い、実施機関間で年金加入記録が情報連携されますので、一元化後に請求手続を行う場合は、遺族共済年金決定請求書の様式に記載されている必要書類のうち、「年金加入期間確認通知書」の添付は不要です。

提出先

〒330-9792
さいたま市中央区新都心3-1 日本郵政共済組合共済センター 年金担当あて

※ 共済年金の請求は、被用者年金一元化後におけるワンストップサービスの対象外ですので、当共済センターへご提出ください。

↑ このページの先頭へ戻る

請求に必要な書類をそろえましょう

共済組合コールセンターへご連絡ください。

 亡くなった方及び遺族の方の状況をお伺いし、その状況に応じて必要な様式を送付いたします。
 請求書の記載方法や、手続についてご不明な点がありましたら、遠慮なくご相談ください。
 ○ ご連絡いただく前に、亡くなった方の年金加入記録をご確認ください。

請求書に添付する証明書類の主な入手先は、以下の通りです。

必ず添付 死亡診断書又は死体検案書(原本)
※「死亡届受理証明書」の場合は、原本証明のあるもの
医療機関等
※「死亡届受理証明書」は、市区町村役場又は法務局
必ず添付 戸籍謄本または住民票及び除票 市区町村役場
遺族が共済組合の被扶養者ではない場合に添付 所得証明書 市区町村役場
遺族が共済組合の被扶養者ではない子(義務教育終了後)の場合に添付 在学証明書 在学している高等学校等
他に公的年金を受給している方が添付 年金証書及び直近の改定額通知書 ※お手元にない場合は、年金支払機関(厚生年金・国民年金の場合は年金事務所)に証明をご依頼ください。
他の公的年金をこれから請求する方が添付 年金の見込み額試算 年金支払機関(厚生年金・国民年金の場合は年金事務所)にご依頼ください。

複数の請求書を同時に提出する場合に、必要な添付資料が重複する場合は、1通で手続できます。

【例】遺族共済年金と遺族基礎年金を同時に共済センターへ提出するとき
遺族共済年金を父母が請求するため、請求書を2通作成するとき
退職共済年金の未済請求と、遺族共済年金を請求するとき

死亡診断書や戸籍謄本等は、1通で結構です。

↑ このページの先頭へ戻る

提出された請求書は…

 共済センターで受け付けた請求書類は、内容を確認した上で、国家公務員共済組合連合会(KKR)へ送付されます。

 不備補正等、確認すべき事項がある場合はご連絡いたしますが、そのほかの通知等は差し上げておりませんのでご了承ください。

 KKRでは、年金額の算定・支給を行います。
 書類の不備や確認資料の追送依頼などがあれば、共済センターを通じて連絡があります。

提出された請求書フロー図

→ 国家公務員共済組合連合会(KKR)とは
→ 単一者とは

※ 遺族年金の決定には、早くても3~4ヶ月かかります。

↑ このページの先頭へ戻る

遺族共済年金の受給要件を満たす「遺族」がいない場合の届出

 遺族共済年金の受給要件を満たす「遺族」がいない場合や、「遺族」に該当する方が請求を希望しない場合には、「死亡届」を提出してください。
 在職中死亡の場合は共済センターへ、退職後に亡くなった場合は、KKRへの提出となります。それぞれ、様式や添付書類が異なりますので、各提出先(共済センターの場合は共済組合コールセンター)へお問い合わせください。

<参考>

国家公務員共済組合連合会HP

↑ このページの先頭へ戻る

  • 届出・申請様式へ
  • よくある質問へ

Copyright © 日本郵政共済組合 All Rights Reserved.